ニキビができてしまうことにへの対処法

ニキビが出来てしまう原因と効果的な対策方法

ニキビはどんな世代でも悩んでいる人は多いです。

しかしニキビが出来る原因は人それぞれ違うためその原因に合わせた対策が重要になります。

では具体的にどのような原因があり、そしてそれに合わせた対策とはどのようなものなのかを今回は詳しくご説明致します。

思春期ニキビの場合

10代のお子さんに多いのが思春期ニキビと呼ばれるものです。

ニキビの主な原因は、成長期に分泌される成長ホルモンです。

これが身体全体のホルモンバランスを変化させるがために、皮脂分泌も過剰になってしまい、ニキビができるのです。

これは成長する上で避けて通れないことですので、ホルモンバランスを整えることは難しいです。

ですので思春期ニキビの場合は洗顔が重要になります。

洗顔料はニキビ用のものが多く市販されていますが、多くは洗浄作用が強いので肌を傷める恐れもあります。

ですのでこの場合、洗顔料は敏感肌用などの肌に比較的優しいものを選ぶようにしましょう。

洗顔料を泡立てる際には泡立てネットなどでしっかり泡立てましょう。

そしてある程度泡が立ったら今度は指先でその泡をさらにキメの細かい泡にしていきます。

こうすることで泡に汚れが吸着しやすくなるので汚れ落ちも良くなります。

洗う際にはゴシゴシ擦らないようにして指先で優しく撫でるような感覚で顔全体に泡を伸ばしていきます。

後は泡を洗顔に掛かった時間の2倍の時間を掛けて洗い流せば終了です。

洗顔後は肌は乾燥しやすいので化粧水をたっぷり塗って保湿を行い、水分が蒸発しないように乳液やクリームを薄く塗って膜を張りましょう。

大人ニキビの場合

20代を過ぎてもニキビは出来ます。

これは大人ニキビとも呼ばれており、思春期ニキビとはニキビが出来る原因は異なります。

まず多いのが不規則な生活や偏った食生活によるニキビです。

肌は常にターンオーバーを繰り返して健康を保っています。

しかし不規則な時間を続けていると体内時計が狂ってしまうので、肌のターンオーバーも正常に行われなくなってしまいます。

すると古い角質や汚れが肌の表面に残った状態になるので、それがニキビの原因になるのです。

また肌に必要な栄養素は食事で補われています。

しかしその食事が栄養が偏っていると肌に必要な栄養が足りずに肌荒れやニキビなどの原因になるのです。

肌に必要な成分が野菜や果物に含まれるビタミン類です。

人参に含まれるビタミンAは肌のターンオーバーを促し健康を保つ働きがあり、ピーマンなどに含まれるビタミンCはニキビの原因にもなる皮脂分泌を抑える働きがあります。

ですので、こうしたビタミン類を小まめに摂取することでもニキビ対策になるのです。

また思春期ニキビと同様に洗顔も重要ですので、毎日きちんと洗顔を行うように心がけてください。

あまりにも酷い場合には皮膚科へ

基本的には毎日の洗顔と規則正しい生活習慣などでニキビは改善されます。

しかし人によっては自己管理だけでは手に負えないような状態になってしまったという人も少なくありません。

そうした方は皮膚科を受診されることをおすすめします。

皮膚科では主に塗り薬と飲み薬を処方されて、それで治療を行います。

また皮膚科の専門医の方から、正しいニキビケアなども細かく教わることも出来るので自己管理で治すのに比べると比較的早くニキビを治すことが出来ます。

当然受診するにはお金が掛かりますが、早く治したい、自己管理だけではどうしようもないという方には良い方法とも言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加